Welcome to おkayu official website!

「池袋駅構内で見つけたものNO2」ー『アイカサ』システム

「池袋駅構内で見つけたものNO2」ー『アイカサ』システム

 毎週2日ほど池袋へ通っています。山手線もしくは丸ノ内線の改札から南口出口までの短い道程ですが、池袋駅構内を通ります。先日は、徹夜明けということもありうたた寝をしてしまい、気づけば乗換駅の秋葉原を乗り過ごし、飯田橋でした。とっさに秋葉原に戻ろうと電車を降りましたが、お茶の水―丸の内線もあるなあと思いを巡らせました。そのまま乗って、市ヶ谷―有楽町線、四谷―丸の内線、はたまた新宿まで行って山手線で池袋コースと、かなりの選択肢があることに気づきました。今は、携帯のアプリで一番早い経路や運賃が安い経路など検索できるので便利ですよね。結局、飯田橋から池袋に直行できる有楽町線乗り換えを選択して、大幅な遅刻は免れました。
 ところで、がらりと話は変わりますが、最近はゲリラ豪雨など予期せぬ出来事があり傘の持ち合わせがなく困るということがありませんか。齢をとり用意周到ばかり出かける荷物が増え、傘は常備品の一つですが他の荷物が多いときは、泣く泣く置いていくことがたまにあります。もちろん天気予報を確認し、雨は降らないと確信しての行動ですが。そんな時に限ってピンポイントのゲリラ豪雨に遭遇しまったことがあります。駅から外に出たら振っていたので、濡れることはなかったのですが、しぶしぶ傘を購入しました。いわゆるビニール傘(以下ビニ傘という)という代物です。こうして、我が家には知らぬ間にビニ傘が増えていきました。息子たちがもっぱら増やしていたのですが、通勤やお出かけにビニ傘を使わない私には、無用の長物でしかありません。
 そんな時、池袋構内で「傘レンタル」というのを見つけました。いつから登場したのか。
気づいたのは、9月でした。24時間70円、使い放題プラン1か月280円で、使い終わったら、設置スポットに返すのだそうです。「アイカサ」と呼ばれるこのシステムは2年前から始まり今年9月山手線の9駅に導入され、使い捨て傘の削減と電車内の傘持ち込みや置き忘れを減らすことに貢献しているのだとか。「sakura」

画像の説明

コメント


認証コード3945

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional