Welcome to おkayu official website!

「昔ながらの味」

「昔ながらの味」

 両親の郷里は山梨です。私も、生まれたのは山梨の笹子というところで、1歳になるころ
東京に来ました。小学校の夏休みは、毎年ほとんど山梨・笹子の母の実家で暮らしていました。母の実家は笹子トンネルのそば、旧甲州街道沿いにありました。
 小学生の頃は、まだ汽車が走っていて新宿から笹子まで3時間半ほどかかりました。そして今では珍しい、スイッチバック式運行がされていました。笹子駅1つ手前の初狩駅で、列車が東京のほうへ戻るのが不思議でした。ちなみに父の実家は初狩にありました。その頃の私は、父の実家に泊まるのは苦手で(きっと母がそうだったからだと思うのですが)ほぼ
初狩で降りることはありませんでした。
 そうして長い夏休みが終わるころ東京に帰るのですが、決まって帰りの汽車で食べたのが「笹子餅」でした。笹子餅を作っている「みどりや」は今でも駅の近くにあります。当時は、駅に売る子さんがいたので汽車に乗る前に買ったものです。昔はお餅の形が四角だったのに丸く変わりましたが、外の包装も中の経木もほぼ昔と変わらず、味も昔のままです。なんだか懐かしく、お墓参りの時には必ず買って帰ります。
 昔ながらの味は、郷愁を誘います。当時の風景がよみがえり、いっときあの頃に引き戻されるなつかしさに快感を覚えます。もうひとつ、懐かしい味を思い出します。1歳から25歳まで住んでいた、板橋区日大前にあった洋菓子店の「ガトウショコラ」。このお話はまたの機会にいたしましょう。

笹子餅

笹子餅

持ってくる間に寄ってしまって、見た目はあまりよくないのですが・・・・

笹子餅②

昔は、ピンク・白・緑3色だった記憶が…

甲州街道と旧甲州街道が重なるところ (母の実家の墓地から眺める)

母の実家の墓地から眺める 

両親のお墓がある、父の実家の墓地(中初狩)から眺める、中央線と手前の中央道(甲州街道)
中央線と手前の中央道

コメント


認証コード0185

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional